トップ / 短期間で酵素ダイエットを

酵素ダイエットで痩せる

短期間で酵素ダイエットを

短期間で酵素ダイエット

ファスティング前に野菜中心の普段の6割から8割程度の準備食を3日間摂るのが準備期間です。その後、本番のファスティングの期間中は、何を摂取することができるのでしょうか?どれくらいの期間、続ければよいのでしょうか?

断食の間は、1日間、水と酵素ドリンクのみの摂取になります。たとえ、1日でも空腹に耐えられないという人は、1日だけでもある程度の効果はあります。

空腹に耐えることができるので、長期間でも断食できるかもという人でも、3日間以上の断食の場合は、健康に支障をきたす恐れもあるので専門医の指導を受けながら断食することが大切です。

断食によりケトン体という物質が生成されます。通常人間の脳は、ブドウ糖をエネルギーにしていますが、空腹時や断食時などブドウ糖が減少しているときは、体内の脂肪酸をこのケトン体に変えて、脳のエネルギーにします。ですから断食により、脂肪が減少し、ダイエットにつながるというわけです。

しかし、ケトン体は酸性で、体を酸化させるので、あまりに増えすぎると意識障害や昏睡状態につながる場合があります。ですからある程度の期間の断食、つまり「プチ」と呼ばれる程度の断食が安全でなおかつ効果があるわけです。

さらに、断食中も、まったく何も摂取しないわけでなく、酵素ドリンクを飲むわけですから、必要な栄養分は吸収でき、そのような意味でも他に比べてそこまで辛くないダイエットということができます。

1日から3日程度のファスティングと酵素ドリンクの摂取によるこのダイエットですが、断食中は仕事や運動は普通難しいので、週の前半から半ばを準備期間、仕事に支障のない週末を断食期間に設定し、ファスティングと酵素ドリンクでのダイエットに挑戦する人もいます。